アニメ

【2020年】40代がまた観たくなったアマゾンプライムビデオおすすめ映画7選【邦画・アニメ編】

ドラえもんのび太と雪の王国 画像

「Amazonプライムビデオ」では、無料で映画を見放題で観れるのですが、洋画や邦画の新旧の名作はもちろん、新作も次々と配信されていますので好きなだけ観れます!

今回ご紹介しますのは、1992年から1996年のアニメですが、放送していた当時に青春時代だった方に無料の「Amazonプライムビデオ」で「何度も観たけどまた観たくなった」、「一回は観たはずだけど内容を思い出せないからまた観て思い出したい」と、思ってもらえるような作品のご紹介をします!
>>>プライムビデオを30日間無料で体験する

映画ドラえもん のび太と雲の王国

概要

公開:1992年
制作国:日本
監督:芝山努 脚本:藤子・F・不二雄(原作&制作総指揮)
出演:大山のぶ代 小原乃梨子 野村道子 たてかべ和也 肝月謙太 千代松幸子 加藤正之 田中亮一 伊藤美紀 村山明 屋良有作 高野麗 松尾佳子 山崎たくみ 速見圭 丸山詠二 岩野一彦 藤本護 飛田展男 こおろぎさとみ 岩坪理江 小林清志 島香裕

あらすじ

雲の上に天国があると信じて疑わない事をからかわれたのび太(小原乃梨子)ですが、ある事から高い所から落ちたのび太を、ドラえもん(大山のぶ代)が雲固めスプレーを使って作った雲の大地でのび太を助けます。

その雲の大地を使ってドラえもんが、自分達で理想の王国(天国)を作ろうと提案して、共感した仲間達と協力して雲の王国が完成します。
雲の王国は小さな国で役職が、のび太が国王、しずか(野村道子)が王妃、ドラえもんが総理大臣、スネ夫(肝月謙太)がナンデモ大臣、ジャイアン(たてかべ和也)が召し使い。

1株100円の株式制で総工費のほとんどをスネ夫が出したので大株主という「株式国家」です。
山や川などの自然物があって、レストランや図書館などの施設も充実しています。
そんな雲の王国で遊んでいる途中で、天上連邦という連邦国家の存在を知ります。

そこには天上人が住んでいて、天上連邦の首都の中央州、ほとんどのエネルギーを生産しているエネルギー州、天上人が力を入れている絶滅危惧種を保護している絶滅動物保護州があります。

天上人は地上世界の環境破壊が原因で、年々人口が減っているために彼らの多くがドラえもん達を含む地上人を激しく敵視していた。
そこで彼らは、動植物や地上人をあらかじめ避難させた上で大洪水を起こして地上文明を壊し、環境破壊をこれ以上させないために「ノア計画」を実行しようとしていました。

感想・レビュー

https://twitter.com/byMeMeMe/status/849605977301110789?s=20

「映画ドラえもん」シリーズで初めて、主人公のドラえもんが故障するという非常に危機的な状況を描かれています。
その後の作品でも、どらえもんが故障する事が何度かありますが、2回も故障するのはこの作品だけです。

コメント

「映画ドラえもん」シリーズの第13弾で、大長編シリーズになって第12弾ですが、この大長編シリーズの中でも、原作の過去にゲストだったキャラクター達が登場していて、原作とリンクしている数少ない作品です!

映画クレヨンしんちゃん 雲黒斎の野望

概要

公開:1995年
制作国:日本
監督:本郷みつる
脚本:原恵一・本郷みつる:
出演:矢島晶子 ならはしみき 藤原啓治 真柴摩利 林玉緒 鈴木みえ(現:一龍斎貞友) 佐藤智恵 高田由美 富沢美智恵 納谷六郎 茶風林 京田恵子 稀代桜子 山口勝平 大塚芳忠 佐久間レイ 浦和めぐみ 水谷優子 玄田哲章 戸谷公次 萩森侚子 加藤清三 富山敬

あらすじ

時代は30世紀。

タイムパトロール隊員リング・スノーストーム(佐久間レイ)は、時空間をタイムマシンでパトロール中に、戦国時代の異変に気付き調査に向かうが、謎の時空魚雷に襲われしまう・・。

なんとか時空魚雷を振り払うが、現代のしんのすけ(矢島晶子)が住む野原家の地中深くに不時着した。

しかし、タイムマシンの故障で身動きが取れなくなったリングは、地中から緊急非常用のマイクロマシンを使って、野原家のペットのシロの体を借り、しんのすけ達3人に戦国時代の異常を伝えてその原因と解明を頼みます。

3人は頼みを受け、緊急用のタイムマシンで16世紀の戦国時代へ向かいます。

春日城の跡地に降り立った3人は、雲黒斎(加藤清三)の手下の忍者軍団に襲われるが、そこに現れた謎の少年剣士に助けられます。

その少年剣士は春日吹雪丸(浦和めぐみ)という春日城の跡取りで、城を雲黒斎(くんこくさい)に攻め滅ぼされ、雲黒斎を倒すためにしんのすけ達に協力を求めた。

しんのすけ達は吹雪丸と共に、手下を倒しながら雲黒斎まで辿り着き決闘に!

しんのすけが苦戦しながらも雲黒斎を倒して勝利しますが、雲黒斎の侵攻が歴史上に『なかった事』になり、吹雪丸は歴史上では、『なれなかった』春日城の城主になります。

雲黒斎を倒して春日城も平和を取り戻し、しんのすけ達は無事に現代に戻って来れました。

しかし、雲黒斎は生きていて現代に逃げ込んでいた・・・

雲黒斎はヒエール・ジョコマン(富山敬)という30世紀の未来人で、時間を自在に操作して歴史を改変する時間犯罪者だった。

確執的歴史マニアで、今度は現代を乗っ取ろうと日本大統領になり、しんのすけ達に宣戦布告をして戦うことになる・・・。

感想・レビュー

コメント

同タイトルの漫画版がありまして、映画版とは違う設定でしんのすけ達と雲黒斎の戦いを描かれていますので、その設定の違いを見つけながら観るのも面白いと思います!

見どころの一つに、2つの本格的なアクションシーンがあります。

戦国時代の人間同士のアクションと、現代のSF要素を盛り込んだロボット同士のアクションの醍醐味を一度に味わえます。

リングや吹雪丸らの設定も良くできていて、その設定を探りながら観るとより楽しめると思います!

ゲゲゲの鬼太郎 大海獣

概要

公開:1996年
制作国:日本
監督:勝間田具治
脚本:星山博之
出演:松岡洋子 田の中勇 千葉繁 山本圭子 西村ちなみ 塩屋浩三 龍田直樹 古谷徹 古川登志夫 郷里大輔 佐藤正治 島田敏 中山真奈美 嶋俊介 増谷康紀 西川宏美 江川央生 田中亮一 風間信彦 里内信夫 増田均 八奈見乗児

あらすじ

ある夏の日、鬼太郎(松岡洋子)と目玉おやじ(田の中勇)の元へ、父親が行方不明になっているから探してほしい」と手紙が届きます。

手紙の主 川村メグミ(中山真奈美)からは、父親が行方不明になった場所はニューギニアのバルル島だと聞き、早速、鬼太郎は目玉おやじ、一反もめん(龍田直樹)と共にバルル島に向かい、現地で村人から頻発している日本人失踪について聞き出します。

失踪が頻発しているジャングルにメグミの父親もそこにいるだろうと思い、救出に向かう鬼太郎だったが、南方妖怪のキムジナー(佐藤正治)達に迎撃され、アカマタ(古谷徹)に妖気を奪われて捕らわれてしまいます…。

南方妖怪達が住んでいる聖なる山には貴重な「生命の水」があった。

鬼太郎は、南方妖怪達が、「生命の水」を盗もうとする欲深い日本人に怒り、捕えていたという失踪の理由をここで知った・・・

鬼太郎の奪われた妖気を取り戻す為、薬草を探す目玉おやじ達は、街で海獣が暴れているという情報を知ります。

その正体は、南方妖怪に下駄とちゃんちゃんこを奪われ、生命の水を無理やり飲まされ、大海獣にされてしまった鬼太郎だった!

今後バルル島を荒らさせないように、鬼太郎の恐ろしい姿を日本に戻して見せ、日本中を恐怖に陥れて混乱している日本を攻撃するのが狙いだった。

その狙い通りになり、南方妖怪達が日本で大暴れします。

自分の姿が変わっている事も知らない鬼太郎は仲間達と出会いますが、言葉が話せず自分が鬼太郎だとわかってもらえません…。

南方妖怪に捕らわれていたねずみ男(千葉繁)が隙を見て脱走し、目玉おやじ達と合流した際に「海獣の正体は鬼太郎」と伝えます。

井戸仙人(八奈見乗児)から鬼太郎を元に戻す薬の存在を知った目玉おやじ達は、なんとか探し出すことに成功した。

薬を飲んで元の姿に戻った鬼太郎は、下駄とちゃんちゃんこを取り返し反撃が始まった・・・。

感想・レビュー


https://twitter.com/hiroooki2018/status/1251493174998036480?s=20

コメント

「ゲゲゲの太郎」第4期テレビシリーズの映画第1弾で、原作は1967年に「週間少年マガジン」で連載された「大海獣」で、それをベースにアレンジされた作品です。

鬼太郎と個性豊かな南方妖怪との戦いや、約50分という短い時間の作品ですが、その分見どころがいっぱいある作品なのでおすすめです!

ただ、ヒーローの鬼太郎が大海獣という化け物の姿に変えられて、自衛隊に攻撃されるシーンでショックを受ける方もいますので、特にお子さんと一緒に見るのは避けた方がいいかもしれません…。

劇場版 ドラゴンボールZ 超戦士撃破!!勝つのはオレだ

概要

公開:1994年
制作国:日本
監督:上田芳裕
脚本:小山高生
出演:野沢雅子 草尾毅 郷里大輔 田中真弓 伊藤美紀 龍田直樹 藤原啓治 佐藤正治 茶風林 鈴木富子 江川央生 麻生智久 幸野善之 島田敏

あらすじ

人造人間18号(伊藤美紀)達が天下一武道会の賞金の取り立てる為、ミスター・サタン(郷里大輔)宅に訪れていました。

散々取り立てをしてもまだ賞金が届いていないと言い張るサタンの下に、メイクイーン城の男爵で、サタンの幼馴染のジャガー・バッダ(龍田直樹)が送った、関西弁で話す秘書のメイメイ(藤原啓治)が現れます。

ジャガーはかつて格闘家を目指していたが、サタンに敗れて以来逆恨みしていて、その仕返しのために用意した戦士と戦うように要求。

嫌々ジャガーの下に向かうサタンですが、そこに賞金の話が終わってないと言って18号や、その場にいた孫悟天(野沢雅子)とトランクス(草尾毅)も付いて行ってしまいます。

ジャガーが用意した戦士は、科学者達を雇って作らせたバイオ戦士ですが、何故かサタンの弟子としてそのバイオ戦士と戦う事になる18号達。

かつて、数々の強者を倒してきた彼女らに敵うわけもなく、バイオ戦士達は一蹴されます。

その後、見慣れない施設群に好奇心旺盛な悟天とトランクスは興味津々。

そこにサイヤ人と思われるバイオ戦士のカプセルを見つけますが、そのバイオ戦士がこちらに振り向いた瞬間に悟天達は驚愕します!

そのバイオ戦士は、前回の戦いで苦戦しながら倒したはずのブロリーだったっ!

ブロリーがバイオカプセルから出てくる前に破壊しようとするも、自らカプセルを破って出てきてしまい、18号が戦いを挑むも圧倒的な強さに太刀打ちできないままやられてしまいます…。

このブロリーはクローンで、他のバイオ戦士と同じように、科学者によって作られたバイオブロリー(島田敏)です。

もはやかつての面影がない様相になっていた。

バイオ戦士は全てジャガーの命令通りになるように作られてたが、バイオボロリーは、命令をきかないどころか、全く制御できなくなっていた。

クローンでもやはり「ブロリーは強い」という事か…。

前回の戦いでやれてしまっていた悟天とトランクスは、2度もやられてたまるか!と超サイヤ人になってバイオブロリーに戦いを挑み、激戦が始まります!

感想・レビュー

https://twitter.com/hutohogaraka/status/1088407222613270533?s=20

コメント

本作は「伝説の超サイヤ人ブロリー」編の第3作目です。

エンディングに、原作であるアニメ本編にも描かれていなかった悟天とトランクスの生まれた頃のシーンがあります。

バイオブロリーとの戦いも白熱していて面白いのですが、個人的にクリリン(田中真弓)がナイン(鈴木富子)という女性研究員を助けた時に、18号が嫉妬してるのが可愛くて好きです。

美少女戦士セーラームーンR

概要

公開:1993年
制作国:日本
監督:幾原邦彦
脚本:富田裕弘
出演:三石琴乃 古谷徹 緒方恵美 久川綾 富沢美智恵 篠原恵美 深見梨加 藩恵子 高戸靖彦 荒木香恵 緑川光 丸尾知子 冬馬由美 山崎和佳奈 西川宏美

あらすじ

月野うさぎ(三石琴乃)と地場衛(古谷徹/少年時代:緒方恵美)は植物園に出かけていて、水野亜美(久川綾)や火野レイ(富沢美智恵)、木野まこと(篠原恵美)、愛野美奈子(深見梨加)ら4人のうさぎの友達が2人の様子を見ながら尾行していました。

そこへ、空から舞い降りてくる無数の花びらとともに、衛の事を知っているという青年・フィオレ(緑川光/少年時代:丸尾知子)が現れます。

フィオレは異星人ですが、衛の少年時代の友人で、花をプレゼントすると約束していました。そのフィオレは、自分と衛の邪魔をするうさぎを突き飛ばして去っていきます。

一方、地球に小惑星が接近していて、それを調べていたうさぎのパートナーの黒猫のルナ(藩恵子)と美奈子のパートナーの白猫アルテミス(高戸靖彦)は、植物のエナジーを感知しているから危険視していました。

美奈子達は、ただ苔がついただけだと深く考えていませんでした。

翌日、レイが怪しい妖気を感じたので全員でそこへ向かうと、花の妖魔グリシア(山崎和佳奈)にエナジーを奪われて操られた人々に襲われます。

グリシアが素早いので苦戦しながらも倒すが、そこへフィオレが現れます。

フィオレは、胸に咲いている悪魔の花キセニアン(冬馬由美)に操られていて、その圧倒的な力でうさぎ達セーラー戦士達を倒していくが、セーラームーンを衛をたぶらかす女性として、特に激しい憎しみを抱いているのでトドメを刺そうとしたところを、タキシード仮面である衛が庇い重傷を負わされてしまい、そのまま連れ去られてしまいます。

キセニアンは、あらゆる星々からエナジーを奪い尽くす危険な妖花で、キセニアン自体は何もできません。

では何故危険なのかというと、弱い心を持つ者に取りついて手足を動かします。その弱い心は憎しみとなり、邪悪なパワーを発します。本来は心は弱くても優しいフィオレが憎み、戦うのはそんなキセニアンに取りつかれていたからなのです。

非常に仲間想いなうさぎは、自分を庇って重傷を負ってしまった衛を思い、仲間を危険な目に遭わせたくないと言って消極的になってしまいますが、仲間の1人であるちびうさ(荒木香恵)に激励されて衛を助けに行くと決意し、キセニアンのアジトだった決戦の場である小惑星に向かいます!

感想・レビュー

昨日話していたanazon prime会員なら無料で観れるセーラームーンRの映画です。
メインキャラの事を何となくでも知っていれば観れる内容かつ(無印本編を見てると尚良い)
1時間でサラッと観れて、挿入歌の入り方とEDの余韻が素晴らしい映画です。

コメント

「セーラームーン」シリーズの初の劇場化された作品です。

初の劇場化ということもあって、アフレコではセーラー戦士の声優陣が、監督からの演技のOKサインが出ても自ら演技のやり直しを申し出るくらい、気合いが入っていたようです。

「セーラームーン」をほとんど知らない人でも、作品中にセーラー戦士がどんな性格なのかがわかりやすく描かれていて、すぐに作品に入っていけますので是非観てください!

劇場版「幽☆遊☆白書 冥界死闘篇 炎の絆」

概要

公開:1994年
制作国:日本
監督:飯島正勝
脚本:大橋志吉 富田祐弘 橋本祐志
出演:佐々木望 千葉繁 緒方恵美 檜山修之 田中真弓 深雪さなえ 西村知道 京田尚子 天野由梨 白鳥由里 横山智佐 鈴置洋孝 大塚芳忠 三ツ矢雄二 福田信明 小関一

あらすじ

霊界で突如、異常な大洪水に襲われます。

そこで何かに気づいたコエンマ(田中真弓)がぼたん(深雪さなえ)を呼んで、閻魔大王の秘宝の冥界玉を持って霊界を脱出して幽助(佐々木望)に知らせるように命令します。

その命令を受けてぼたんは、ボロボロになりながらも皿屋敷中学の屋上にいた幽助の元へ辿り着いて、重根神社で修行をしているひなげし(横山智佐)に会うように伝えて気を失います。

幽助を探して屋上に来た瑩子(天野由梨)にぼたんを預けて、桑原(千葉繁)と重根神社に向かい、妖怪に襲われていたひなげしを助けます。

そのひなげしを連れて、瑩子にぼたんを預けて向かわせた先の幻海がいる寺に向かいます。

そこで幻海に、ぼたんの容態は深刻な状態で、よほどの事があったに違いないと伝えられます。

直後に蔵馬(緒方恵美)が合流して、霊界が水に沈んでいた事と、額に十字の印を付けた妖怪が何かを探していたと報告します。

それを聞いたひなげしは、冥界の仕業と気づいて、十字紋は冥界に操られた冥界鬼の証だと言います。

冥界は数千年前に、人間界を手に入れようと霊界に戦いを挑むも負けて、閻魔大王に封じられた勢力で、その冥界が復活して霊界を水没させた。

霊界の復活と、人間界での復活を目指す冥界を止めるには、五箇所ある霊鬼門を開封するのがいいとひなげしに言われて、ひなげしの案内の元に幽助たちは動き出します。

この話を外で聞いていた飛影(檜山修之)は、自分に関係ないと静観しようとしますが、寺に妹の雪菜(白鳥由里)が来たので単独で動きます。

幽助達は霊鬼門を手に入れるために向かいますが、人間界で冥界を復活させるために、幽助達と同じ霊鬼門を狙う冥界の王の一派に抗うも全て奪われてしまいます。

冥界の王、耶雲とその部下の頼光が、幻海の寺に現れて幻海が張った結界を破って寺に侵入されたので抵抗するも、圧倒的な力を見せつけられて幻海は負けてしまいます。

耶雲の力が封じられている冥界玉を隠し持っていたぼたんがさらわれになる所へ幽助も駆けつけますが、本来の力ではない耶雲に軽くあしらわれて、敗北し結局さらわれてしまいます。

そして、人間界の冥界化の阻止のため、これ以上負けられない戦いに勝つべく全員が合流して、冥界の王の耶雲を倒すための死闘が始まります!

感想・レビュー

コメント

映画オリジナルストーリーで、原作には登場しない冥界が関わってきます。

キャッチコピーは「幽助(オレ)より強い敵(ヤツ)がいた!」

原作者の冨樫義博が映画オリジナルキャラクターデザインを全て担当。

最初はバラバラに戦っていた幽助達が集まっていくシーンがかっこよくてずっと観ていたいです!

耶雲との戦いも、白熱していて楽しいので観て損はないと思います!

銀河英雄伝説 新たなる戦いの序曲

概要

あらすじ

感想・レビュー

コメント

プライムビデオを30日間無料で体験する

Amazonでは、プライム会員になると年会費のみで、映画やテレビ番組が見放題なので、好きな時にいくつでも観ることが出来る超お得なサービスがあるんです!それが”Amazonプライムビデオ”です。
そこで、今回は40代の方におすすめの青春映画をご提供してみました。青春だった、あの頃に観た映画を”Amazonプライムビデオ”で、もう一度観てみませんか?

30日間無料体験>>

※今回のおすすめ映画の中に一部有料作品も含まれています。