プライムビデオ

【2020年】40代がまた観たくなったアマゾンプライムビデオおすすめ映画8選【邦画・ホラー編】

リング 画像

みなさん、すっかり夏ですね。暑い夏はやはりクールになって体を冷やしたいですよね。そんなこともあり、懐かしのホラーなんてどうでしょう?
今ではすっかりキャリアウーマンになって多少の待遇も良くなりお金には困らなくなったけれど、学生時代はバイトで稼いだ少ないお金でなんとか友達と好きなホラー映画を観に行ったことあるなぁなんて懐かしく感じられることでしょう。あの頃の思い出をもう一度、今度はアマゾンプライムビデオを活用して、家でハラハラ、ドキドキ、またはひんやり感を感じてみてはいかがですか。

リング

概要

公開:1998年
制作国:日本
監督:中田秀夫
脚本:高橋洋
出演:松島奈々子、真田広之、中谷美紀、竹内結子、佐藤仁美

あらすじ

某テレビ局のディレクターである浅田玲子(松嶋奈々子)は取材の中で、見た者を1週間後に死に追いやる「呪いのビデオ」に関わったと噂される男女が、奇妙な死を遂げた自分の姪、大谷智子(竹内結子)と数日前の同日の同時刻に亡くなっていることに気付く。調査を進めていくと死んだ姪らは交友関係があり、1週間前に伊豆の別荘に宿泊していたことと、その際に全員の写真の顔が歪んでいることに注目する。問題の別荘に訪れた礼子は、当時貸出された不審なビデオの映像を見ることになり、直後に無言電話を受け取ったり、玲子自身の写真の顔も歪んでいた。これぞ「呪いのビデオ」と悟った玲子は、元夫で超能力者である高村竜司(真田広之)に相談する。竜司もビデオを見て、そこに映っていた新聞記事から、過去に伊豆大島の噴火を予知したとされる超能力者、山村志津子に関するものであることを突き止める。竜司らは伊豆の別荘に行き、志津子の話を聞こうとするが、その中で志津子の娘である山村貞子には人を殺してしまう程の超能力が備わっていることを知る。貞子は既に死んでおり、その貞子が呪いのビデオを生み出した怨霊での正体であると確信する。二人はは殺されることなく終える事が出来るか・・・。

感想・レビュー

コメント

誰も知らない人がいないというくらい大ヒットした作品「リング」。配給収入10億円だという。昔のVHSの頃で懐かしさも感じつつ、なんともいえない不気味さは背筋を凍らされる。出演者も松嶋奈々子、真田広之、中谷美紀と豪華な人達で、演技力が半端ない。日本のホラーに火をつけたのもこの作品だ。ただただ、怖いだけというよりは貞子の呪いの理由も切なく悲しい見どころの一つだ。あの名場面、井戸から這い上がって来て、テレビから飛び出して来るシーンは誰しも知っているが、ビデオの映像もとても不気味だ。ぜひ、あの頃観に行った事も思い出しながら、観てみては?

らせん

概要

公開:1998年
制作国:日本
監督:飯田譲治
脚本:飯田譲治
出演:佐藤浩市、中谷美紀、松島奈々子、真田広之

あらすじ

東京都監察医の安藤満男(佐藤浩市)は、変死した友人の高山竜司(真田広之)の解剖を担当することになる。解剖した結果、死因は心筋梗塞であったが、胃の内容物に不審な紙片が混ざっていて、そこには暗号らしき数列が書かれていた。高山の教え子であり第一発見者である高野舞は安藤に、高山が死んだのは、呪いのビデオが関係していると言った。そんな時、高山の元妻である浅田玲子(松島奈々子)とその息子が事故で死亡した。安藤は玲子の上司であるTVディレクターの吉野(松重豊)と会い、玲子が残した手帳と一本のビデオを渡される。その一方で安藤は高山の遺した暗号からあるキーワードを読み取る。吉野から受け取ったビデオには、母を自殺で亡くし、父によって井戸に突き落とされた貞子の怨念のこもった呪いのビデオだった。それを見た安藤はそのビデオを破壊する。安藤はこの世に残っている呪いもビデオを全て破壊することが自分の使命だと思うようになり、吉野からマスターテープを奪う。しかし、そのビデオを見ていないという吉野が謎の死を遂げることに。不可思議な出来事に困惑していく安藤。暗号の意味は一体!?

感想・レビュー

コメント

「リング」の後日談を描いた続編。「呪いのビデオ」というオカルト的要素に対し、医学者である主人公達が分子生物学的知見からの解明を試みるサイエンス・フィクション。オカルトホラーというよりSFサスペンスといった雰囲気と言っていい。。貞子についても人類抹殺の陰謀を巡らせる知的な悪女のような描かれ方である。頭脳派なので、頭をフル回転して見ると良い。役者さんの熱演ぶりにも注目していただきたい。そこまで怖くないという事なので、ホラーがあまり得意でないという方におススメの映画。

リング2

概要

公開:1999年
制作国:日本
監督:中田秀夫
脚本:高橋洋
出演:中谷美紀、佐藤仁美、深田恭子、松嶋菜々子、真田広之

あらすじ

浅田玲子(松嶋奈々子)と前夫の高山竜司(真田広之)は貞子の遺体を発見して、身元確認をした結果、遺体は死後1.2年しか経っておらず、貞子は井戸の中で30年間生きていたと判明する。高山竜司の恋人である高野舞は「呪いのビデオ」を知り、失踪した浅田玲子の仕事を引き継いでいて、ビデオの件で調査している岡崎(柳ユーレイ)と出会う。岡崎は現在「呪いのビデオ」を持っているのは、高校生の沢口香苗というのを探り当て、彼女のところへ調査に行く。香苗もまたビデオを見てしまい、岡崎にビデオを見るように促すが、岡崎は見る勇気がなく、そのまま香苗は一週間後に死んでしまう。岡崎と舞は、最初の犠牲者である大石智子(竹内結子)の死亡現場に居合わせ、その後精神病院に入院している友人の倉橋雅美(佐藤仁美)の存在を知る。倉橋の担当医師である川尻医師は、超常現象の研究で倉橋が貞子の怨念が取り憑いていることがわかる。その後、舞は身を隠していた浅田玲子とその息子の陽一と偶然にも会うこととなり、すでに陽一にも貞子の怨念が取り憑いていることがわかる。だんだんと真相が明るみになってきたが、果たして「ビデオの呪い」を取り消すことは出来るのか・・・。

感想・レビュー

コメント

『リング』の後、物語が『らせん』ではないもう一つの展開を辿ったとしたらという平行世界的なアイデアにより生まれた映画で、リングの「もしも」としての続編だという。貞子は30年も井戸の中で生きていたという恐ろしさを物語る内容である。貞子に取り憑かれているという点もこれからどうなってしまうんだろうと先が読めないストーリーになっていて、更に恐怖感を増す。いろんな人が死ぬ場面もあるが、リングの時程の怖さはないように思えたので、それぞれ感じ方は違うかもしれないが、ホラー映画があまり得意でない人にも観やすい映画になっているので、気になる方はオススメです。

仄暗い水の底から

概要

公開:2002年
制作国:日本
監督:中田秀夫
脚本:中村義洋、鈴木謙一
出演:黒木瞳、小日向文世、菅野莉央、水川あさみ

あらすじ

幼い頃孤独な時代を過ごした淑美(黒木瞳)は幸せな家庭を築くことに憧れていた。しかし夫の邦夫(小日向文世)とは娘の郁子(菅野莉央)の親権争いで離婚調停中だった。安定した生活を調停員に主張するためにマンションに引っ越す。そのマンションは中古マンションで、薄暗く不気味な感じがしたが、そこに住むことになる。ベッドのある部屋の天井に雨漏りがあり、管理人に言っても対応してもらえず困っていた。その上、蛇口をひねり水を飲もうとすると髪の毛の塊が入ってくることもあった。郁子にも独り言が増え、落とし物の子ども用の赤いバッグに執着するようになる。ある時、淑美は郁子と同じ幼稚園に通っていた志津子が2年前から行方が分からなくなる事を知る。志津子は淑美と郁子が住んでいる部屋の上階に住んでいたという。それを知って不安になった淑美だが、その後郁子が幼稚園で高熱を出し、志津子が連れて行こうとしたのではとますます怖くなる。上階の部屋へと恐る恐る向かい、鍵が開いていたので入ると水道が全開になって水浸しの状態になっていた。水漏れはなんとか調停の弁護士により解決するが、たちまち不可思議な出来事が。志津子が怒っているのか!?

感想・レビュー

コメント

あの「リング」の中田秀夫監督で映画化され、2003年のジェラルメ国際ファンタスティカ映画祭でグランプリを受賞した作品となっている。身近でありきたりな環境で起こり得そうな話なので。すっと映画に引き込まれるような感覚がする。また、母子の愛を感じるものもあり、悲しさが倍増するようなストーリーだ。また、役者さんたちの熱演、恐怖演出、不穏な音楽使いなど、雰囲気づくりが非常に巧妙としているので、最後まで飽きることがなく楽しめる作品である。ただ怖い場面ばかりでなく、その背景もきちんと描いている、”日本の怪談”を観たい方におススメです。

富江

https://www.nicovideo.jp/watch/sm10882269

概要

公開:1999年
制作国:日本
監督:及川中
脚本:及川中
出演:中村麻美、菅野美穂、洞口依子、田口トモロヲ

あらすじ

泉沢月子(中村麻美)は、3年前の事故がきっかけで記憶障害になり、病院に通っている。ある日、月子の主治医である細野医師(洞口依子)の元で催眠療法を受けていた月子の口から「トミエ」という言葉を聞く。そして、細野医師のところへ原田刑事(田口トモロヲ)が現れ、月子の記憶と3年前の死体が存在しない殺人事件の手掛かりについて訊ねる。被害者である川上富江(菅野美穂)は、明治時代から警察の資料に登場する被害者の名前で、左目の下のホクロが特徴的で出会った男性が誰しも惹かれるという美女だった。その夢中になった男性に殺害されるが、そのたびに生き返ってきたのだという。月子のアパートの下の階に越してきた男性は、女の生首を大事そうに育てていた。それは少女から大人の女性の姿へと変貌を遂げ、男性に高圧的な態度を取るようになる。その男性は、月子の友人を殺すよう命令し、犯罪を犯し逮捕される。彼が大切に育て、人生を狂わせたものの正体は正に富江だった。富江はなぜ生き返るのか、月子の手がかりやいかに・・・。

感想・レビュー

コメント

学校の怪談3

概要

あらすじ

感想・レビュー

コメント

学校の怪談4

概要

あらすじ

感想・レビュー

コメント

プライムビデオを30日間無料で体験する

Amazonでは、プライム会員になると年会費のみで、映画やテレビ番組が見放題なので、好きな時にいくつでも観ることが出来る超お得なサービスがあるんです!それが”Amazonプライムビデオ”です。
そこで、今回は40代の方におすすめの青春映画をご提供してみました。青春だった、あの頃に観た映画を”Amazonプライムビデオ”で、もう一度観てみませんか?

>>>プライムビデオを30日間無料で体験する